わんママ旅日記 子供との時間を思い切り楽しむ

北海道から沖縄離島まで行きたい場所は山ほどある

曇らないマスクにする方法(マスクを買ったらすること)

myマスクを買ったけどどうしてもマスクが曇るという方

私も始めの頃はどうして曇るのかわからず曇りとの闘いでした

 マスクを購入して曇り止めだけして使っていませんか?

それでは曇ります

買ったばかりの方も、使っているけど曇るんだという方もこれでもう大丈夫!

1.マスクに付いた油徹底的に落とす

レンズに油が着くと、その油分が曇る原因になります

油分にはいくつかあります

1)製造中に付いたシリコン油

2)手に付いた皮脂

3)日焼け止めやファンデーションに含まれた油分

これらすべての油分が曇りの原因となります

では対策です

1)製造中に付いたシリコン油

新しいマスクのレンズやシリコン部分には製造中に

付いた油がそのままの状態です

この油を取るのはなかなか簡単には取れません

研磨剤入り(ライオンのwhite&whiteが一番良いらしいです)の歯磨き粉を付けて柔らかめの歯ブラシでゴシゴシこする か 激落ちくんなどのメラミンスポンジ(研磨スポンジ)を使って徹底的に油を取ります

指の腹で落とす方法もあるのですがその場合は指に付いた皮脂をしっかり洗い落としておかなければなりません

私も始めは指の腹を使って10分ほどこすりましたが ニュルっとした感じがあまり変わらず・・

歯ブラシでさらに5分、レンズの真ん中の辺りは 

キュッ! っとしてきた(゚∀゚)

でも隅のほうが全然取れていない、レンズに傷が入ったりしないかなと少し心配でしたが最後に激落ちくん登場です

おりゃ~! とさらに10分ほどこすったら

f:id:prarara:20190405102802j:plain

触った感じが変わりました!

キュッ!! おっ! 全然違う!

傷が入ったりすることもなかったです

メラミンスポンジは細かい網の目で消しゴムのように油膜を削り取ってくれるようです

レンズは内側だけこすればいいです 

結露が出来るのは内側だけです

そしてここで終わってはいけません!

忘れてはいけない周りのシリコン部分も中性洗剤でゴシゴシ!

ここはメラミンスポンジや歯磨き粉は付けないでください

基本、スポンジより柔らかい素材の物に使うと傷つけてしまいます

ここまできたらテストです

マスクの内側に水を入れるとはじく感じがなくなります

ベタ~と広がります

これでOKです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

これはしばらく使わなかったらまた使う前に

ゴシゴシした方がいいです

2)手に付いた皮脂

シュノーケル直前に自分の唾液(唾液の中に含まれている酵素が油を分解します)か市販の曇り止めをレンズに付けますが

その後はマスクの内側を触らない事!

軽く1回、海水をくぐらせて流したらマスクを付けます

一度マスクを外したら同じことを毎回します

 3)日焼け止めやファンデーションに含まれた油分

これはどうしようもないでが、私は少し早めに塗って

おいて、乾いたころにマスクを付けるようにしますが、

1回顔が濡れてしまうとどうしようもないです(>人<;)

 2.鼻で呼吸しない

シュノーケルは口で呼吸します

鼻呼吸すると鼻から出た暖かい呼気がでます

マスク内の空気が温められます

マスク内の水滴がマスクの外の冷たい海水に冷やされて結露となってレンズを曇らせてしまいます

 この2つが曇らないマスクにするお手入れ方法になります

これでマスクはOKですね

 

次はシュノーケルです

シュノーケルには始まる前に行うお手入れはありませんが口呼吸に慣れるために

f:id:prarara:20190405103436j:plain口呼吸をお風呂で練習する♪

これ結構大事ですよ

いざ海でシュノーケルをやってみると

息が苦しくなってきて怖かった!ってことがあります

普段と違う口呼吸、緊張や不安があると呼吸が乱れてきます

特に深い所に行ったりすると恐怖感から呼吸が乱れてギブアップ、なんてことになりかねません

少しでも慣れておく方がいいです

以上、曇らないマスクにするお手入れ方法でした

綺麗な海を楽しんでください!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村